衝動的にデリヘル呼んだ

恋人のように扱ってくれた風俗嬢

ある程度年齢を重ねてくると若い女の子と距離を置くようになってくる。本当は若い女の子にもてたいし仲良くしたい気持ちはあるんだけど、初めからあきらめの気持ちがあるんだよな。何かに期待をして傷つくよりは初めから諦めていた方がダメージも少ない。でも、心の中ではどうしても若い女の子と触れ合いたい時があって、そんな時はデリヘルを頼んで好みの風俗嬢を指名している。若い風俗嬢を見つけるのは簡単だけど、その中でも好みのタイプと言うと一気にハードルが高くなる。どうしても決まらない時は一応デリヘルの受付に聞いて、誰が合いそうかアドバイスを求めることもあるんだ。受付が紹介してくれた女の子となら絶対にうまくやれると思うし、今回も受付にすすめられた若い風俗嬢を家まで派遣してもらった。若い女の子に目の前で嫌がられないかと心配だったけど、彼女は丁寧にご奉仕プレイやイチャラブプレイをしてくれた。目の前で恋人のように扱ってもらえてマジで涙が出そうになったよ。